消費者金融会社と銀行ローンの違い

消費者金融会社と銀行ローンのはっきりとした違いは、法律にあります。消費者金融会社では、貸金業法という法律が適用されます。銀行ローンでは、銀行法という法律が適用されます。一般人は両者の法律の違いを知っておく必要性はあまりないですが、総量規制については知っておいたほうがよいでしょう。総量規制は、貸金業法で定められている規制であり、年収の3分の1を超える融資を受けられないというものです。借りやすい消費者金融でお金を借りるときには年収の3分の1までという規制がかかるということは覚えておきましょう。

 

消費者金融会社と銀行ローンの一般的な違いとしては、金利が高いか低いかということがあげられます。銀行ローンは金利は低く、消費者金融会社は金利が高いということが一般的に言われています。もちろん、ケースバイケースであり、銀行の中にも金利が高いところがあったり、消費者金融会社で借りる場合でも属性によっては有利な金利で借りられることもあります。

 

銀行では、目的別ローンやフリーローン、住宅ローン、不動産投資ローン、定期預金担保貸付など、さまざまな種類のローンが用意されていることも特徴です。土地や建物など、なにか担保に提供できるものがある場合には、銀行ローンを利用したほうが低い金利で借りられる可能性が高いでしょう。結婚式のため、自動車購入のため、旅行のためといったように、特定の目的のために借りる場合にも銀行の目的別ローンがおすすめです。

消費者金融で初めてお金を借りるなら大手がおすすめ

初めて消費者金融を利用してお金を借りるのであれば、大手の業者に申し込みを行いましょう。どこが大手なのかわからないという場合は、知名度を元に判断する方法があります。地上波デジタル放送の番組を見ているとよくコマーシャルが流れる、有名なタレントがコマーシャルに出演しているといった業者であれば、それだけ広告費をかけられる会社ということになり、大手といえるのです。

 

別の判断方法としては、銀行のグループに入っているかどうかというものもあります。銀行グループにいる業者であれば信頼度も高いです。

 

なぜ、初めて消費者金融と契約する場合は大手がいいのかというと、総合的に使いやすいからです。消費者金融の使いやすさとは、具体的に利率が低めなこと、借り入れと返済ができる場所が多いこと、インターネットからキャッシングが可能なことといったものになりますが、このすべてを兼ね備えているのが大手です。

 

そして、大きな貸金業者の審査に通るためには、できるだけ他社からの借入件数が少ない必要があります。大きなところは貸し倒れの可能性がある申込者を敬遠する傾向があるのです。消費者金融への申し込みが初めてであれば、他社からの借り入れはないという判断になるので、審査に通りやすくなります。

 

また、大きな貸金業者の場合、比較的、返済が難しくなっても話し合いに応じてくれますし、いきなり裁判を起こしてくることはまずありません。そういったところからも大きな会社から借りるのがおすすめです。